プレゼンテーションには徹底的な〇〇と〇〇さが大切!

プレゼンテーション

展示会や商談、セミナーなど
さまざまな場で行われるプレゼンテーション。

みなさんはどんなことに気を付けていらっしゃいますか?

 

普段、レッスンや研修でも
プレゼン指導を行うことが多いのですが

「プレゼン対策って何をしたらいいの?」

「とりあえず間違えずに台本読めるようにしておこうかな」

「資料しっかり作ったから完璧!」

とお考えになる方も多いようです(^^;)

 

ここで声を大にしてお伝えします…

 


それだけでは
相手の心を動かし
魅力を十分に伝えることは
難しいですよーーー!!

 

台本をスラスラ読めたり
資料が作りこんであったり
することは最低ラインです(汗)

 

プレゼンの準備は
それだけでは足りないのです!

 

徹底的な〇〇

プレゼンマイク

ではタイトル「プレゼンテーションには徹底的な〇〇と〇〇さが大切!」の答えを発表します!!

 

まず1つ目の“徹底的な〇〇”!

 

これはお分かりの方も多いのではないでしょうか?

 

正解は

徹底的な練習

です!!

 

プレゼンの練習ときくと

台本を何度も読み込む!
と思われる方も多いかと思いますが

それだけでは
「徹底した」
とは言えません。

 

台本を読み込んだら
実際に何度も声に出してやってみること!

これが出来ていないと
十分な練習にはならないのです。

 

声に出して練習するとき
本番を想定しながら行うこともポイントです♪

============
・プレゼン時の環境
・マイクの有無
・聞いている人数
・聞き手との距離
・資料の提示の仕方
など
============

上記のように
本番時の状況を出来る限り具体的に想像し
ジェスチャーや目線なども意識して
練習してみましょう!

○○さ

【画像】虫メガネ

ではもう1つの〇〇について。
プレゼンテーションには徹底的な練習と〇〇さが大切!」の
〇〇さ”とは何でしょうか?

 

正解は

適当さ

です!!

 

「しっかり練習するのに適当なの!?」
と思われるかもしれませんが

しっかり練習しなければ
適当さは生まれないのです!!

 

例えば

お客様の反応を見ながら
話し方や表現を変えてみたり

内容の濃さやバランスを
調整してみたり

こういったことは
徹底した練習があるからこそ
その場でさっと出来ることなのです。

 

「ということは臨機応変さってこと?」

 

はい。その通りです(*^^*)

ただ、私があえて“適当さ”といったのには
もう1つ理由があるんです。

 

【完璧を求めない】

 

徹底した練習は必要ですが、
練習通りに全て完璧にこなそう!
とするのはかえって危険です。

 

しっかり練習してきていれば
それだけ自信にもつながります。

その場に応じた対応も
自然ととれるようになります。

あとはその場に
ある程度身を任せること
も大切なのです^^

 

徹底した練習をせずに
ただただ本番時に適当に
流れに身を任せるのは

全く違うことなので
気を付けてくださいね!!

 

まとめ

いかがでしたか?

プレゼンテーションには徹底的な練習と適当さが大切!

せっかくのプレゼンですので
聞き手の心を動かし
魅力をしっかりお伝えしましょう♪

 

レッスンではより詳しくお伝えしています。

プレゼン対策でお困りの方は
ぜひお気軽にお問い合わせください!

問い合わせる!

 

ご一読、誠にありがとうございました。