CP+2019☆3日目~世界観の大切さ~

CP+2019、3日目の今日は土曜日とあって、朝から多くのお客様がご来場されました。開場前からお並び頂いているお客様も多く、みなさんのカメラに対する熱意も伝わってまいりました!

私がお世話になっているブースにもたくさんのお客様がお越しくださいました。※ブース名は最終日が終わってからご紹介します。

さて、今回のCP+のような展示会やイベントでは、華やかな演出が施されているステージも多く、見ていてワクワク感がとても出てきますよね。
例えば、映像や音楽、ライティング、装飾など、視覚や聴覚を刺激するさまざまな仕掛けがあります。最近は技術がどんどん進化していて、匂いで演出することもあります。
私はイベントMCが多いので、こういった演出が行われているステージでMCをすることもよくあります。私自身もとてもワクワクしながらステージに立たせていただいております。お客様と同じように私もステージを楽しませていただいているんです♪

演出が細かく決まっているステージでMCをする際には、プレゼンのMCをする際とはまた違ったポイントがたくさんあります。
今日ご紹介するのはその中の1つで、とても重要なポイントです。今回は「世界観を作る」ということについて少しお話したいと思います。

世界観を作るとは?

世界観と聞くと、みなさんは何を思い浮かべますか?
テーマパークのような場所?芸術品?小説?
いろいろ思い浮かぶのではないでしょうか。世界観のある場所(リアルな場所も空想の世界も含めて)では、それに触れるお客様も、その世界の中に入ったかのような感覚を味わいたいですよね。つまり、提供する側はその世界観を徹底すればするほど、お客様の満足度も上がるはずです。細かい部分まで世界観を徹底すれば、まるでその世界に実際にいるかのような錯覚さえ起こします。
それはイベントでも同じことが言えます。
イベントステージも、世界観を大切にする必要があると私は考えています。明るく楽しいステージもあれば、クールでスタイリッシュなステージもあります。どのような世界観であっても、お客様をその世界に誘うために必要な要素がたくさんあります。

MCの影響力

実は、MCもその要素の1つです。ステージが始まってMCが話し始めたとき、その世界観に合わせることができれば、お客様のワクワクを更に盛り上げることも出来ます。逆に、その世界観をうまく表現できないと、お客様が一気に冷めてしまいかねません。それぐらい、MCの影響力は大きいものでもあるんです。

世界観ときくと、なんだか壮大なイメージをお持ちになるかもしれませんが、どんなイベントでも少なからず世界観はあるものです。例えば、ラフなイメージのステージにしたい場合であったとしても、その「ラフさ」がまた1つの世界観だったりします。印象の与え方を変えると、その場の空気感も変わります。MCがその空気感をうまく作り出すことも可能です。もちろん、MCだけではなく、他にもいろいろな要素があります。

イベントの成功を左右するといっても過言ではないMCのスキル。トークスキルアップレッスンでたくさんの方々に伝えたいとともに、私もますます磨きをかけていきたいと改めて実感した1日でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

CP+2019☆3日目~世界観の大切さ~” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。

前の記事

CP+2019☆2日目

次の記事

CP+2019☆4日目