言葉の選び方①

昨日からは気温が一気に上がりましたね!温度差が激しくなると体調も崩しやすくなりますので、いつも以上に体調管理に気を付けています。みなさんも引き続きご自愛ください。

最近【お役立ちミニ情報】をなかなか更新できていなかったのですが、「いつも楽しみにしています!」「すごく役立ちます!」という大変嬉しいお言葉を複数人の方から頂きましたので、久しぶりになってしまいましたが、更新したいと思います!!いつもお読みいただいているみなさま、誠にありがとうございます。今後はもう少し頻繁に更新していきますので、よろしくお願いいたします♪

そんな久しぶりの投稿のテーマは「言葉の選び方」です。MCやプレゼンター(プレゼンテーションを担当されるみなさま)、講師としてお立ちになるみなさまはもちろん、普段のコミュニケーションにもお役立ていただける内容となっております。ぜひご一読ください。

内容が盛りだくさんになりそうなので、数回に分けてご紹介します。今回はその①です。

話し方を変える理由

私たちが普段誰かと会話をするとき、相手によって話し方を変えることってありますよね?例えば目上の方にお話するときと、幼いお子さんにお話するときとでは、多くの方が違う話し方をされると思います。また、話し方を変えると同時に言葉の選び方も変えていますよね。

では、なぜ話し方や言葉を変えるのでしょうか…?

理由はいろいろあると思います。私がもしこの質問をいただいたら、1つだけこう答えます。
それは…

相手に自分をどう見せたいかを考えるから

です。目上の方にお話をするとき敬語を使うのは、相手を敬っているからなのですが、それは同時に「私はあなたを敬っていますよ」というのを伝えています。お子さんとお話をするときに敬語を使わないで分かりやすい口調で話すのは、お子さんに合わせているのと同時に「私はあなたにとって話しやすい人だから大丈夫だよ!」というのを伝えています。

また、同じ敬語であっても言葉の選び方によって、敬語の度合いも変わってきます。

さらに近年では、誰に対しても、いわゆるタメ口でお話される方も増えてきましたね。

こちらについてはいろんな議論があるかと思いますが、ここでは良し悪しは別として…タメ口でお話される方は「私は誰に対しても同じように対応します」というのを伝えています。それが意識的か無意識かに関わらず、ご自身がそういうタイプの人だということを表しているのです。

自分の印象を変える

…ということは、逆に言ってしまえば、どのような言葉を使うかによって相手に与える印象を変えることができるということなんです!言われてみれば当たり前だと思われる方も多いかと思います。

ではそれをどこまで意識していらっしゃいますか…?ご自分が相手に与えたい印象を考えて言葉選びをされていますか…?そう聞かれると「うーん…」となりませんか?

話し方を変えることでも、もちろん印象は変わるのですが、話す言葉を変えることでも相手に与える印象は全く違ってきます。もしご自身が相手にこんな印象をもってもらいたい!というイメージがあるのであれば、そのイメージにあった言葉を選ぶ必要があるのです。

私もMCとしてお話をする際には、イベントの内容やターゲット層、クライアント様のイメージ、会場の空気感などを加味して、言葉を都度選ぶようにしています。ステージをご覧頂いているお客様が、MCに対してどんな印象をおもちになるかによって、ステージの印象そのものも変わってくるからです。特にMCはステージで最初に話す人物なことも多いので、第一印象を与えやすい役であることも念頭においています。言葉選びは難しいと感じることも多々ありますが、ピタッとはまったときはとても心地よく感じます。

 

言葉がみなさんご自身の印象を変える、ということをお分かりいただけましたか?

ではもう少し深く考えてみたいと思いますが…長くなってしまいましたので、続きは次回ご紹介します。

具体的にどのように言葉選びをすれば良いのか、どんなことに気を付ければいいのかなどをご紹介していきます!次回もどうぞお楽しみに♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

言葉の選び方①” に対して2件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。